minnesotakkoの日記

国際遠距離介護の記録

ハハの物盗られ妄想の行方

今まではお金に関することだけだった。現金通帳、銀行のカード、クレジットカード、銀行印が手元にないことだけが不安だった。ムスコがお金が足りなくて盗んでいっているのだと思い込んでいただけだった。

 

が、今朝は不安感が強くて、家に泥棒が入ったのではないかと疑っていた。ハンドバッグもないし、昨夜はあった歯磨き粉が見つからないと言っては、ムスコが留守中に上がり込んで盗んでいくとしか考えられないと言っていた。

 

まあ、ともかくデイホームに行く準備をするように、デイホームの理事長さんに相談するようにとは言っておいたが。

 

うーん。歯磨き粉が見つからないのも困るが、それをムスコのせいにされてももっと困る。これからこんなことが増えるのだろうか。

ハハの帰宅も1ヶ月をすぎて

ハハが老人ホームから帰宅したのが3月6日だから、1ヶ月余り経過した。

ムスメが最初の2週間は一緒だったから、ハハが一人暮らしになって2週間になる。

 

ハハに大きな変化はないが、さすがに老人ホームのことは口にしなくなった。帰宅した当初は老人ホームのお友達に挨拶してこなかった、とか食事の準備が自分ではできないから老人ホームに入った方がいいんじゃないかと言っていたのに。

 

それでも朝は混乱していることが多い。一晩寝て、朝起きると今どこにいるか分からないことがある。ハハの実家にいるのか、旅行に来ているのか、自宅にいるのかが分からなくなってしまい、周りの様子を見ているのと次第に自宅にいることが分かるようになってくる。

そして、今日の予定が分からない日もある。デイホームに行くことが分かっている日もあれば、デイホームに行きたくなくてズル休みするための口実を考えている日もあるし、デイホームに行くこと自体が分からなくなっている日もある。

デイホームに行くことが分かってくると、次の課題は朝食である。目の前にないものは存在しないハハのためには、冷蔵庫を開けて何が入っているかを確認させることが必要になってくる。冷蔵庫にはムスコが定期的にチーズやヨーグルトなど開けてすぐに食べられるものを補充しているのだ。

 

ここまでできれば、後はデイホームの迎えが来るのを待つだけとなる。ムスメが電話で誘導すれば、まだ何とかできる。

ムスメもなるべくハハの朝に電話をするようにしている。こうやってデイホームに行けている間は何とかできる。ムスコが手続きやら、食品の補充をしてくれていれば、何とか自宅で過ごせるだろう。

 

 

ハハの血液再検査の結果

甲状腺刺激ホルモンの値が低すぎる結果が出ていた。再検査の結果は問題なしだった。

老人ホームがよっぽどストレスだったのでしょう、というところに落ち着いた。

 

CTスキャンを見せられて、これだけ萎縮がありますと説明を受けたムスメとしては、今更、認知症の症状が甲状腺の異常が原因かもしれないと言われても信じられなかった。

が、正直なところ、ハハの物忘れや物盗られ妄想が脳の萎縮ではなくて他にあればいいのにと願っていたことも事実である。

脳の萎縮は止められないが、甲状腺だったら治療可能かもしれないと思ったからだ。

 

思った通りにならないのが介護である。おそらくハハも同じ気持ちで子育てをしたのだろうとムスメは思った。

 

 

ハハの物忘れ外来 血液検査の結果

甲状腺刺激ホルモンの値が低すぎるとの結果が出た。

コレステロールも中性脂肪も血糖値もやや高め、肝臓の値もやや高めという結果で、アルツハイマー型認知症という診断書は、現段階では書けないとのことだった。

 

甲状腺専門医のところで、甲状腺の異常と物忘れの関係がないと立証されないと認知症だという診断書は書けないのだという。

 

じゃあ、CTスキャンで萎縮が認められるというのは何だったんだろうか?

2年前の大学病院の結果はアルツハイマー型認知症だったのだ。それも何だったのだろうか?

 

甲状腺と物忘れの関係は調べてみる価値がありそうだ。

ハハとムスメ

ハハが友人達と会いたくないと言い張った理由の一つが、いつも私ばっかりに負担が押し付けられているという思いがある。

 

自宅を訪ねてくる場合には、場所を提供するのも、ご飯の支度をするのも、お茶とお茶菓子の用意をするのも、後片付けをするのも、全部私ばっかり。

 

外出する場合には、ご飯食べる場所を決めるのも、その後のお茶の場所を決めるのも、会話の話題を提供するのも、全部私ばっかり。

 

というのである。

 

これを聞いて、ムスメはドキリとした。

ムスメも疲れて余裕が失くなってくると同じように感じることがあるからだ。

ハハのようになりたくないと生きてきたムスメだが、結局はハハのムスメなのである。

ムスメの帰国後は

ハハの朝に電話をするようにしている。朝7時から8時の間に電話できれば、ハハに今日の予定を確認できるからだ。

 

ともかく毎日デイホームに行く、ということが定着することが最優先課題である。

 

まだまだ何をしていいかが分からない朝が続いているが、老人ホームと混同することは少なくなってきている。デイホームに毎日行くことが定着するには、時間はそんなにかからないだろう。

 

問題は、お金に対する執着である。

ムスメが財布に入れた現金はもうないし(おそらくムスコに盗られないようにするためいどこかに隠したのだろう)、太陽神戸銀行の預金通帳がないことが最大の不安である。いくら銀行にあるか分からないのが不安なのと、ムスコが盗んで使い込んでいるという妄想とが混在していて、なかなか手強い。

 

ムスコがお金を盗んでいるわけではないことと、デイホームに毎日行くお金があることは何度も繰り返して言っているのだが、聞き入れてはもらえない。

ムスメの一時帰国最終日、ハハの帰宅14日目

ムスメのフライトは16:30だから、家を出るのは13:30だった。

ハハは見送りに来たがったが、空港から1人で帰れないだろうし、デイホームに行っていた方が気が紛れていいと思い、朝はいつも通りに送り出した。

 

ムスメがアメリカに帰るというのは分かっていても、普段通りにしているハハだったが、迎えに来たデイホームのスタッフが「娘さんは今日で帰っちゃうんですよね」と言った途端に泣き出した。

 

それからムスメはデイホームの施設長さんに電話をして、夕食の手配など細々としたことを確認して、買い出しに出掛けた。

冷蔵庫を開けた時にすぐに食べられるものをストックしておくためだ。ヨーグルトやプリン、牛乳やリンゴ、お煎餅やキャラメルなどハハの好きそうなものを選んだ。

ついでにトイレットペーパーやティッシュペーパーも補充した。

 

ハハの財布の中に少しばかりの現金を入れ、予備費とした。どうせすぐどこかに隠して失くなってしまうのだけれど。

 

部屋とトイレの掃除をして、台所のガスを止めて、ご近所に挨拶をして、ムスメは空港へと向かった。

 

とりあえず、老人ホームから自宅へ戻り、元の生活には戻れるだろう。毎朝、デイホームに行くことを電話で確認すれば、もう少しの間は1人で生活はできるだろう。老人ホームから出て自宅に戻っても、お金をムスコに盗られた妄想は止まらないだろうし、ムスコに対する不信感や不満や怒りはおさまらないと予想していた通りだった。

何が正しいかなんて誰にも分からない。

そう言い聞かせて、ムスメはアメリカに戻った。