minnesotakkoの日記

国際遠距離介護の記録

ハハと正月

恐怖の正月がやって来る。

 

デイホームが5日間休みになる。

ムスコは31日まで仕事、ムスメは航空運賃が高すぎて手が出せない。

おヨメさんは体調が悪い、孫はまだ中学生である。

 

それでもムスメは考えた。アメリカでクリスマスが終わったら、日本に飛んでハハと一緒にアメリカに戻って来て、しばらくアメリカで暮らしてもらうことを。

13時間のフライト、時差、英語できなくて日本人のいない、雪に閉ざされた町に認知症のハハを連れて来るメリットはあるのか?答えはもちろんノーである。

 

だらだら書いたが、要するにハハの受け入れ場所ががないのだ。

日曜日を一人で過ごすのがやっとなのに、5日間一人で過ごすことは不可能である。楽しくツアー旅行にでも行ける段階はとっくに過ぎた。

もう、ショートステイしか手がない。

 

同居してくれないムスコ夫婦とアメリカに行ってしまったムスメは母親を捨てた心冷たい人非人だと嘆いているのに、正月に厄介払いのようにショートステイに行くだなんてハハは激怒するに違いないと思っていた。

しかも、今年は喪中である。ハハとしては家族が寄り添って亡くなったチチのことを偲びたいだろう。

 

だが、ここでハハ強制入居案再再燃である。

正月をショートステイで過ごすことが決まっているなら、今から入居して少しでも馴染んでおく方が得策ではないのか?いきなり知らない人のなかで正月を過ごすよりはいいのかもしれない。

 

どちらにしても、ハハの抵抗は強そうだが。

ハハの老人ホーム強制入居案 ふたたび再燃

ハハが一人で暮らせなくなったら、老人ホームに入居することになるだろう。今年の3月にもいい施設が見つかったので体験入居がてらそのまま入居させることは考えていた。が、ハハが同意せずそのままになっていた。

が、もう時間の問題である。金銭とスケジュール管理ができず、料理と掃除をしなくなって、ヘルパーが家に来るのは嫌がるが一人でいるのは寂しい、そこへ実のムスコが留守中にお金を盗みに来るという妄想が加わると、一人暮らしは難しい。

 

ムスコが耐えられなくなった。日々かかってくる電話で泥棒呼ばわりされ、旅行に連れて行けば邪魔者と呼ばれ、冷たいムスコ、ヨメの教育ができないムスコと罵られて、もう限界らしい。デイホームの遠足が来週末にあるから、その後は強制入居させると言ってきた。無理矢理にでも一生恨まれてもいいから連れて行く、と穏やかでない。

 

トイレが壊れたことをきっかけに、入居できるかもしれないと思っていたのはムスメの方だった。大きな工事になりそうで家のトイレが使えなくなるからその間はショートステイで、と言えばスジは通るし、一旦入居すれば工事が長引いているからとか最初の3ヶ月くらいは言い逃れができるだろう、そのうち施設にも馴染んでくれればそのまま入居にスムースに移行できるのではないかと考えていた。

 

だから、ムスコが強制入居を考えていると言った時、ショートステイだからと連れて行けばいいのにと言ったのだが、ムスコは「いつかは帰れると期待を持たす方がかわいそうだ」と思うのだそうだ。

 

一生恨まれてもいいと思っているのであれば、嘘ついて連れて行った方が楽じゃないのか、とムスメは思ったが、まあムスコの言っていることも分からないでもない。どちらにしても、ハハは老人ホームに入居したくなんかないからだ。

 

ムスコとムスメはハハに安心して暮らして欲しいと思っているだけなのに、この思いは決して届くことはないのだろう。二人の子供を育てたのに、捨てられて老人ホーム入居する羽目になったとしか考えられないのだ。

しかも正月がやって来る。さあ、どうするのか。どうなるのか。厳しい決断を強いらせそうだ。

サマータイム終了で思ったこと

アメリカではサマータイムが終わりました。日本との時差が15時間になります。

2020年の東京オリンピックでサマータイム導入が検討されていたようですが、取りやめになったそうですね。本当によかったと思います。

 

アメリカでも約束の時間を間違っちゃったという話はよく聞きますし、実際に私もドジ踏んじゃったこともあります。11月は睡眠時間が1時間長くなるはずですが、よく寝たという気分でもなく、3月は睡眠時間が1時間短くなるので、何となく時差ボケ気分になるし、家の時計と車の時計をいちいち調整するのも面倒です。

テレビとラジオと無縁の生活を送っていると、自動調整してくれるスマホだけが正確な時間を知る唯一の道具だったりします。

 

ハハにはこれ絶対無理だと思うんですよ。朝起きてテレビつけるので時間は分かるだろうけれど、年に2回時計を1時間進めたり、遅らせたりするのって、かなり難しいですよ。曜日の感覚が薄れたきたので、時計はデジタル式で時間と日付と曜日が表示されるものを使っています。デジタル式の時計の時間を変えるのは、普通の時計と比べて難しいし、間違って日付を触っちゃったら、曜日がズレてしまったまま定着したら、デイホームに行く日も、お風呂の日も、ゴミの曜日も全部ズレちゃうわけです。

頼りの携帯電話は古いガラケーなのでサマータイムに自動的に調整してくれないでしょうから、携帯電話を時計として使うこともできません。

 

それでなくても混乱しがちですから、これ以上混乱の元が増えても誰も幸せになれないと思っていました。おそらく、高齢者の介護に携わっている人ならこの気持ちに賛同してもらえるのではないでしょうか。

 

 

再びトイレ故障

冬に一時帰国した時に故障したトイレが再び故障したらしい。まあ、応急処置しかしなかったので、驚きはしなかった。が、驚いたのはムスコの決断である。

トイレは修理しないというのだ。2階にあるトイレは使えるし、近い将来実家は取り壊すか建て直しすることになるのだから、今お金をかけるのは勿体ないという論法だった。

 

ハハの生活基盤は1階で、2階に行くのは洗濯をする時くらいである。これから寒くなるのに2階にしかトイレがないのは不便ではないかと心配したが、ハハは特に困った様子でもなかった。ムスコがいずれは修理してくれると思っているからかもしれないが。

 

ハハの不満はムスコがトイレを修理してくれないことではなくて、相変わらずお金を盗んで生活費をくれないという一点集中だった。

ムスコが管理してくれないと現金が紛失してしまうことが理解できないハハもトイレ修理しても感謝されないであろうムスコも海外で心配することしかできないムスメも心休まる時がない。

やっぱり人なんだな ハハと旅行

ハハを支配しているのは、お金に対する執着とムスコの不満と書いた。

 

どこに泊まったのか、何泊したのか全く覚えていなくても、〇〇さんは元気だった?とか◯△さんには会えた?とムスメが聞けば、元気だったとか会えて嬉しかったと言っていた。

 

ハハの求めているものは人との繋がりなのだと思う。普段交流のある人々はデイホームのスタッフの方々で、心優しいプロ集団だが、友達にはなれないのだ。身も蓋もない言い方をすれば、サービス提供者とサービス利用者である。それに対する不満はひとかけらもないし、行き届いたサービスには本当に感謝している。が、青春時代を共に過ごし、長い年月を経ても変わらない友情に太刀打ちできるものはないのだろう。

 

このハハの仲良しグループでは「いちご会」というのを作っている。お葬式があった時には一律決まった金額を香典にすることが決まっていて、お礼は一切なしという約束がある。お香典を受け取った側の負担にならないようにという気遣いが何より嬉しい。

苺ではなく一期なのだ。

 

ハハが友人の名前を忘れることがあったとしても、仲の良い友人がいたということはハハの記憶にしっかりと残るだろう。

 

 

 

 

ムスコは邪魔 ハハと旅行

旅行から帰ってきたハハに電話した。

旅行自体は楽しかった、らしい。というのも、どこに泊まったのか何泊したのか覚えていなかったからだ。

相変わらず、ハハを支配しているのは、やはりお金に対する執着とムスコに対する不満だった。夜行バスと電車で行けば安くすむのにムスコが勝手に飛行機を予約した、ムスコは私が一人で旅行できないと見くびっている、挙げ句の果てには、私の友達に会いに行くんだからあの子は邪魔なの!とまで言った。

 

いやいや、貴重な休みの日を返上して旅行に連れて行ってくれたムスコに邪魔者扱いはどうかと思うよ、ちょびっとくらい感謝してもバチは当たらんでしょう、と言いたかったが、やめておいた。

 

もう一人で旅行に行くことはできない。この旅行が最後になるかもしれない。

 この時期を逃さなくてよかった。

ハハの旅行

ハハが旅行に行く。出身地ではないが高校生時代を過ごした島根県に友人に会いに行くのだ。

 

ハハにとって島根は特別な場所で、友人とも頻繁に連絡を取り合っており、同窓会は定期的に行われているし、東京在住組でも定期的に会うほど仲良しなのだ。

まだチチを在宅介護している時でさえ、島根で同窓会があれば、ショートステイを使ってでも参加したかったほど、島根の友人たちへの思いは強かった。

 

それが今回は不機嫌極まりない。友人に会えるのが嬉しいよりも先に、お金がない不安が先に立つようになってしまった。しかも、ムスコが勝手に計画したと思い込んでいる。夜行バスで京都まで行って、そこから電車に乗れば安く行けるのに、勝手に飛行機のチケットを予約された、デイホームの都合も考慮に入れずに勝手に旅行を計画するのは納得がいかない、お金もらってないから旅行前に美容院に行くこともできない、気の利いた東京のお土産すら買えない、私の友人なのにムスコが会いに行くのもおかしいとか、まあ全てが気に入らないのだ。

 

因みにムスコは現金を渡したのだが、それはすでに紛失済みだ。

 

島根の友人はハハのそんな状態を分かってくれて、暖かく迎えてくれる。有難い。不機嫌なのは行く前だけで島根についたら楽しいひと時を味わってもらいたい。

 

盗人だの、優しくないだの非難されても、そうやって旅行に連れ出す弟に頭が下がる。