minnesotakkoの日記

国際遠距離介護の記録

日記

ハハの老人ホーム体験入居 3日目

ムスメはハハの体験入居2日目が楽しい時間だったと安心していた。 がムスコは全く別の体験をしていた。ハハから数十回電話がかかってきたのだという。 用件は、当然だが、ただ一つ。家に帰りたい、だ。 私には老人ホームは早すぎると主張したそうだ。 仕事…

ハハの老人ホーム体験入居 2日目

ムスメは恐る恐る電話してみた。電話口で罵倒されるのは覚悟していたからだ。 なんでこんな所に連れて来たのよ!死んでやる! くらい言われても仕方がないと思っていたからだ。 電話に出たハハは麻雀の最中だと楽しそうだった。 もともと社交的で楽しいこと…

ハハの本音

台風が心配で電話したが、それほど困っていないようだった。 が、銀行のキャッシュカードが見つからなくて、現金が手元に全くないのだと言う。 冷蔵庫の中の有り合わせで昼食を食べているところだった。 いつもの引き出しに銀行通帳やカードがないから、ムス…

ハハと麻雀

電話したら弾むような声でハハが、今難しい局面だからね、と言う。 ああ中国語なのね、とムスメが返す。 じゃあ後でまたかけるからと言って電話を切った。 月に1度の兄弟姉妹で集まって中国語の勉強と称して雀卓を囲っているのだ。 思うに麻雀とは偉大な発…

ハハ、不機嫌になる

電話したらとても機嫌が悪かった。 ムスコが来て、色々な事務手続きをしているという。よかったね、とムスメが言えば、よくないわよとそっけない。 なんでよくないの?とムスメ あのね、いちいち気にしてくれなくてもいいから。アメリカにいるんだから気にか…

ハハの老人ホーム体験入居 準備編

ムスコが手筈を整えた老人ホームの体験入居も日が近づいてきた。 電話してハハのムスコや嫁の悪口を聞くのも気が滅入るものである。日本不在の身としては傾聴しかできることはないのだろうが、毎回聞かされるのもしんどいものだ。何とか話題を変えようと、体…

ハハの老人ホーム体験入居

ムスコが施設を探して体験入居の予約をしてきた。ハハと一緒に見学に行き、活気のある施設で、外出も自由にできるし、料金も予算内でチチの施設ともそう遠くない所を見つけてきたのだ。 まだ要介護1である。まだ施設入居しなくても独居できるはずなのだが、…

とうとう恐れていたことが

ついに起こってしまった。 ガスをつけたまま忘れてしまったらしい。 ムスコも詳しいことが分からないのだが、看護師が訪問した時、ガスの警報機がなっていたそうだ。ハハが在宅していたのか、留守だったのかは不明。 ガスは一定時間以上になると自動的に火が…

ハハと銀行通帳とリモコン

もともと整理整頓の苦手なハハである。テーブルの上を片付けて出掛けても、帰宅後5分後にはテーブルの上には物が散乱している様相だ。一人暮らしで認知症で困難なのは大事なものが見つからなくなることだ。 まずは銀行通帳とキャッスカードをいつでも探して…

ハハの嫁への思い

嫁いびりを推奨したのは遠藤周作氏だったか? ハハの嫁への不満が止まらない。ムスコへの不信感が引き金になり、嫁としての責任を全く担っていない、経済的援助は十分にしているのに感謝されたことがない、ご機嫌伺いの電話一本もかかってこないとおかんむり…

ハハ、預金の管理ができなくなる

ハハのムスコに対する不信感は未だに根強く残っている。 ムスメの一時帰国 最大難関はハハのムスコへの不信感 - minnesotakkoの日記 追い討ちをかけるように、銀行の預金残高がマイナスになってしまった。記帳してみれば、過去一ヶ月に渡り10万単位の現金…

ハハ、デイホームに通う

近所のデイホームに週2回通うことになった。午前中だけで、昼食は出ないが、送迎付きだそうだ。一軒家を改築したホームなので居心地は良いらしい。 が、所詮単なるヒマつぶしよ、とハハはそっけない。 それでも一人で家にいて鬱々として嫁の欠点を数えてい…

チチの入院

チチが肺炎で一ヶ月ほど入院していた。先日無事退院して老人ホームに戻った。 ということをムスメは知らなかった。ハハには電話をしていたけれど、何も言わなかかったし、ムスコ(弟)も知らせて来なかった。 心配させたくなくて知らせなかったんだろう、と…

ムスメの一時帰国 第三難関はスケジュール管理

ムスメは祖父と育ったので、祖父が「今日は何曜日?」と聞くのには慣れていた。まだ小学生だったから、「おじいちゃんは学校に行かないんだから、分かんなくても当然」くらいに思っていた。 しかし、これがハハの場合だと話しが違ってくる。 新聞は届くのだ…

ムスメの一時帰国 第二難関は冷蔵庫

時差ボケで早朝に目覚めたムスメは朝食を作ろうと冷蔵庫を開けた。 冷蔵室には調味料が乱立していた。マヨネーズ・ケチャップ・ソース類がいくつもあった。生協の宅配でまとめて注文したものが、一人では消費できないようだった。 野菜室はほとんど空。トマ…

ムスメの一時帰国 第一難関は四次元ハンドバッグ

ムスメは空港に着いてからハハに電話をした。さすがに今日がムスメの帰国日だとは分かっていたが、その日の夜の予定は全く把握していなかった。ともかく実家へ急いだ。 一年ぶりの実家は何の変化もないように見えた。とりたてて散らかっている様子もない。一…

ハハと日程

一時帰国の日程が決まったので、ムスメはハハにメールした。 ハハからは喜びに溢れた返信があったので、安心していた。 しかし、電話してみるとハハがきくのだ 「今度はいつ帰ってくるの?」 2週間後の水曜日に帰るよというと、「それはよかった」と嬉しそう…

ハハとiPad Mini

iPad Miniだったら気軽にLineとかFace TimeとかSkypeとか使えれば、少しは気が紛れるだろうと思い、ムスコが買ってくれたけど、そもそも仕組みが理解できないようだ。タッチスクリーンはフラットで掴みどころがないのが、イライラするらしい。持っていても使…

ムスメ、ようやく一時帰国の日程を決める

ムスメはようやく重い腰を上げて、決めた。 用事の間をぬって、安い時期を狙ってクリックした。出発日や帰国日が一日変わるだけで、航空券の値段も変わるのだ。色々な格安航空券予約サイトが乱立して、航空会社のサイトもあり、旅行会社のサイトもチェックし…

最近のハハと航空券

電話口ではとても元気そうだ。毎年この時期にムスメの一時帰国を心待ちしているからか。 まあ、一人はつまらないけど、お茶のお稽古もお料理教室もあるし、お友達も来てくれるし、だから何とかなってるから心配しなくていいのよ! てな調子だったので安心し…

ハハ、ヨメの悪口を言う

ハハは一人で生活するのが面白くないと相変わらずだ。 ヨメから何の連絡もないという。 冬休みになっても子供をつれて来る事もないし、お元気ですかという電話一本くらい寄越してもこない、と不満爆発である。 冬休みになれば、冬期講習だの部活だの色々ある…

ハハ、すべてが面倒になる

ずっと電話していたのだが出ないので、外出する機会が増えたのだろうと勝手に解釈していた。 まあ、半分は当たっていて、今日久々に電話に出たハハは色々と用事があって忙しかったのだと言っていた。一人で寂しく家にいるよりいいじゃない、とムスメが返せば…

「死にたい」から「面白くない」へ

以前は「もう生きててもしょうがないから死にたい」とか「病院でもらってる薬を飲まないで貯めておいて一気に飲んだら死ねるかな」としか言わなかったハハが、最近は「一人でいると面白くないから」と言うようになった。 誰ともしゃべらない日があると頭が変…

正月は帰らないことに

ハハが無理して帰ってこなくていいと言うので、正月は帰らないことにした。 1月下旬か2月上旬にはもともと一時帰国する予定でいたので、予定変更せずにすんで正直ほっとしている。 ムスコも心中二転三転していた。ハハが友達と旅行に行くから帰ってこなくて…

正月に帰って来いコールに揺れるムスメの従姉妹に相談する

前回の記事を書いた後、ムスメはイタリア在住の従姉妹と話した。 従姉妹の父は(ムスメの叔父)はチチと同年で、最近サービス付きの高齢者マンションに引っ越したばかりだ。食事サービスもあり、食堂に行けば誰かがいるし、見守りサービスもあるので厳密には…

正月に帰って来いコールに揺れるムスメ

正月に帰って来てほしいというメールがムスコから来た。 大晦日まで仕事して3日から旅行に行こうと思っているけれど、一緒に来られないだろうか、という打診だった。正月という家族というものをイヤと言うほど目の当たりにさせられる時期に、ハハを一人にし…

ハハ、心療内科へ行く

落ち込みが激しい、生きていてもつまらない発言が増えてきて、ムスコが近所の心療内科に連れて行った。 大学病院の精神科はハハにとっては遠すぎたから、近所に相談できるところがあればとムスコは考えたのだろう。 結果は、現在かかりつけ内科医から処方さ…

ハハ、落ち込む

電話したら、つまらない日もあるのよ、と言う。 友人と映画を観る約束をしたのに、待ち合わせ場所で会えなかったので帰ってきたという。 どうやら、待ち合わせの場所を間違えたようだった。結局、友人にも会えず、映画も観ずに帰ってきたのでつまらないのだ…

ハハ、ヘルパーを断る

当初は週に一度ヘルパー訪問を受ける予定だった。 他人を家に入れることに慣れて欲しかったというのはムスメのたくらみだった。ムスコとの同居は現実的でないし、ムスメが帰国して(百歩譲って)同居したとしても働かなくてはならない。いつでも家族がいて介…

ムスコ、単身赴任

ムスメのところにムスコからメールが来た。 ハハの落ち込みがひどいらしく、俺が(実家に)単身赴任するしかないかな、と書いてあった。 時代劇でみたことのあるような台詞が頭をよぎった。 「殿、ご乱心!」 気が狂ったか、弟よ。 決してふざけているのでは…