minnesotakkoの日記

国際遠距離介護の記録

弟のことが分からない⓷

ハハは相変わらず老人ホームに適応できない。 弟はハハを自宅に戻そうとしている。 私は反対だが、主たる介護者は弟なのだ。ここは妥協しよう。だが、条件を提示した。 ⒈以前通っていたデイホームに戻れるようにすること ⒉夕飯の手配をすること ⒊壊れている…

ハハの帰宅案、再燃

ムスコはハハを自宅に戻すことを真剣に考え始めていた。 老人ホームへの強制入居には成功したものの、日々の電話メール攻撃は一向に止まず、ひどい時には5分おきに電話かメールが来る。 家に帰りたい、いつ迎えに来てくれるのか、母親をこんな所に入れといて…

ムスメよ、自分の人生を生きよ

タイトル通りだったら、格好が付くけれど、現実はほど遠い。 だが、このようなことをハハから言われた。 私はもう老人ホームに厄介払いされるような必要のない人間なのだから、私のことは心配せずに自分の人生を生きなさいと。 母親が若いうちにきちんと対決…

ハハと友達

ハハは相変わらずである。 老人ホームにいると分かっていない時は旅行に来ていて明日家に帰れると思っているので、機嫌がいい。 一方、老人ホームにいると分かっている時は、子供に捨てられたと思い、落ち込んでいるか怒っているかのどちらかである。 だが、…

ムスコ、泥棒から人殺しへ

ハハがムスコに送ったメール、たった3文字 人殺し これを受け取ったムスコは当然迷う。家に戻すべきなのか、このまま施設に入れるのか。 一生恨まれてもいいと思って施設に強制入居させたが、人殺しと言われて心が動かないはずはない。 ムスメが施設に連絡…

ハハ、幸せな時間は長く続かず

北海道にいると思っていたハハの幸せは長く続かなかった。 今日はいきなり「死ねと言われているの」と穏やかでなかった。とうとう幻聴が?とドキリとした。誰に言われてるのかと聞いてみたら、ムスコに直接言われたわけではないけれど、老人ホームに追いやっ…

ハハ、ここは北海道だと言う

朝起きたら自分がどこにいるのか分からなかったと言うハハは、今北海道のホテルに泊まっているのだと思っていた。 冬の北海道は家族でスキーに行ったことが2回ある。最後は2001年だったか2002年だったか?チチはもう認知症を発症していた。が、足腰は丈夫だ…

ムスメ、カウンセリングを受ける

泣いてばかりいたが、これではダメだと思えるようになった。 最大の敵は罪悪感なんだと分かった。 自分で選択してアメリカにいる、自分のやりたいことを追求するために、自分が快適だと思える生活を送るために、自分で選んで日本を離れた。その結果、ハハは…

とりあえず本契約

ショートステイのままでは契約の延長ができないと言われ、本契約を結ぶことになった。とりあえずは入居金なしのプランで数ヶ月様子を見て、施設に馴染めそうだったら入居金をいくらか支払い、月々の利用料を減らすプランに変更する予定である。 だが、ハハは…

とりあえず1ヶ月延長か?

ハハは相変わらずである。気分のよい日は「ここは良いところ」と言い、不機嫌な日は「早く家に帰りたい」と言う。 ムスコとムスメはとりあえずもう1ヶ月ショートステイを延長させたいと考えている。 施設が受け入れてくれれば、の条件付きだが。 ムスメとし…

ムスメ大失敗 本当のことは言ってはいけない

いやはや、ムスメ一世一代の大失敗です。 ちょいと口が滑っちゃったんですよ。ハハが認知症だって、証券会社の担当者に。 その一言でハハの口座は凍結されました。不注意でした。 ハハの口座を解凍するには、医師の診断書で認知症だと証明して、ムスメとハハ…

弟のことが分からない②

弟はハハを老人ホームに入居させたいものだとばかり思っていた。(前回はこちらから読めます) 口汚く言ってしまえば、もう厄介払いしたいのだと思っていた。 要介護3になったハハを弟は特別養護老人ホームに入居させたがっていたからだ。 都内で特養の空き…

弟のことが分からない①

私は弟がハハを施設に入居させたいのだと理解していた。 忙しい仕事をこなしながら、朝晩時間構わずかかってくるハハからの電話にでて、ハハがすぐに紛失する銀行通帳とカードを再発行し、定期購読のサプリメントを解約し、デイホームのスタッフと打ち合わせ…

ハハの帰宅願望 大混乱

施設長さんから2度目の話を聞いた。 昼間は元気に活動に参加しているが、夕方頃から帰宅願望が強くなってくるということだった。それは想定内なので、施設としては対応可能だという。もう一点指摘されたのは、お金に対する不安感が強いということだった。手…

ハハ、遺書をムスコに送る

もう充分にいきました。 今日までありがとうございました。 とムスコにメールが送信したらしい。 老人ホームにいても、ハハが帰りたいと願う家にいても、状況は変わらないだろう。 子供として、どうしたらいいのだろうか。 ハハの気持ちに寄り添って独居を続…

ハハ、朝から何も食べさせてもらっていないと言う

今朝は一変して機嫌が悪い。午前11時に電話したら、朝から何も食べさせてもらっていないとご立腹だった。 おそらく、朝食後アクティビティに参加して部屋に戻ってきた所なのだろう。朝食を食べたことを忘れているに違いない。朝から水一滴だって口にしていな…

ハハ、ここは本当に良いところだと言う

退屈だとか、こんな所に親を入れるなんて、と怒ったり落ち込んだりと感情の起伏が激しかったが、今日は珍しく穏やかだった。 ここはご飯も美味しいし、どこへ行っても綺麗だし、ピアノは弾かせてもらえるし、本当に良い所なの、と言っていた。 それはよかっ…

ムスメの本音

ハハが老人ホームに滞在して1週間になる。 ハハ、弟、施設長さんと話しをしながら、ブログを書きながら、実は泣いてばかりいる。何でこんなに涙が出るのか自分でも分からない。 弟がハハをようやっと施設に連れて行った日には、それこそ子供のように声をあ…

ハハの介護認定

ハハの介護認定が要介護2から要介護3になった。 ケアマネさんからは要介護3になるのは難しいと思いますと言われていたのだが、デイホームで失禁することが何度かあり、それが考慮されたのだろう。 現実的には何も変わらない。受けられるサービスは多くな…

ハハ、老人ホーム入居 1週間経過

朝食前に電話したら、えらく不機嫌だった。人生こんなにつまらないことはない、今日はこのままずっと寝てるつもりだ、というので30分後に掛け直すねと言って一旦電話を切った。 30分後に電話しても状況は変わらず。もう生きていたくないから今日は起きないで…

ムスメ、施設長さんと話す

ハハはムスメには退屈だと言い、ムスコには飛び降りで死んでやると言う。 これでは全体像が見えないので、ハハの様子を聞くべく施設に直接電話をした。施設長さんと話すことができた。 そこから垣間見えたのは、 ⒈昼間は体操教室に参加したり、ピアノを弾い…

ハハ、ここは退屈だと言う

ハハは日中電話に出ないので、朝食前を狙って電話をかけてみた。朝ごはんまで時間があるから本を読んでいるのだと言う。 機嫌は悪くなかったが、退屈だと言う。ご飯食べたらもうすることないじゃない、部屋に帰ってダラダラしているうちに1日が終わっちゃう…

ハハ、老人ホームをホテルだと言う

やっと電話がつながった。 ハハの78歳の誕生日だった。友人から電話がたくさんかかってきたらしくて嬉しそうだった。 小学校の友達と旅行に来ていてホテルに泊まっていると言っていたが、話していくうちに、生協のツアー旅行に来ていてホテルに泊まっている…

ハハ、ついに老人ホーム入居か?

とりあえず、なんとかハハは老人ホームに入居した。これがショートステイになるのか終の住処になるのかは、様子をみて決めることになりそうだ。 老人ホームに入居することを嫌がっていたハハをどうやって説得したのか。ひたすらデイホームのスタッフの方々に…

ハハと正月

恐怖の正月がやって来る。 デイホームが5日間休みになる。 ムスコは31日まで仕事、ムスメは航空運賃が高すぎて手が出せない。 おヨメさんは体調が悪い、孫はまだ中学生である。 それでもムスメは考えた。アメリカでクリスマスが終わったら、日本に飛んでハハ…

ハハの老人ホーム強制入居案 ふたたび再燃

ハハが一人で暮らせなくなったら、老人ホームに入居することになるだろう。今年の3月にもいい施設が見つかったので体験入居がてらそのまま入居させることは考えていた。が、ハハが同意せずそのままになっていた。 が、もう時間の問題である。金銭とスケジュ…

サマータイム終了で思ったこと

アメリカではサマータイムが終わりました。日本との時差が15時間になります。 2020年の東京オリンピックでサマータイム導入が検討されていたようですが、取りやめになったそうですね。本当によかったと思います。 アメリカでも約束の時間を間違っちゃったと…

再びトイレ故障

冬に一時帰国した時に故障したトイレが再び故障したらしい。まあ、応急処置しかしなかったので、驚きはしなかった。が、驚いたのはムスコの決断である。 トイレは修理しないというのだ。2階にあるトイレは使えるし、近い将来実家は取り壊すか建て直しするこ…

やっぱり人なんだな ハハと旅行

ハハを支配しているのは、お金に対する執着とムスコの不満と書いた。 どこに泊まったのか、何泊したのか全く覚えていなくても、〇〇さんは元気だった?とか◯△さんには会えた?とムスメが聞けば、元気だったとか会えて嬉しかったと言っていた。 ハハの求めて…

ムスコは邪魔 ハハと旅行

旅行から帰ってきたハハに電話した。 旅行自体は楽しかった、らしい。というのも、どこに泊まったのか何泊したのか覚えていなかったからだ。 相変わらず、ハハを支配しているのは、やはりお金に対する執着とムスコに対する不満だった。夜行バスと電車で行け…